ASEANにおける国民皆医療保険制度への期待

国民皆医療保険制度の導入で政府と様々な医療サービス提供業者の間で新しい長期にわたるパートナーシップへの門戸が開かれました。経済成長著しい東南アジアでは自国の医療保険制度の近代化をすすめており、中でも重要市場と目される3カ国はこの業界のポテンシャルは飛び抜けています。

インドネシア、ベトナム、フィリピンはそれぞれの国民皆医療保険制度を採用しました。加入者が年々増加するに連れ、新しく質の良い病院の需要は高まります。経験豊富な専門性の高い医師や質の良い医薬品、近代的な設備、アフターケアなど様々なリソースの必要性が高まります。

各国の新しい医療保険制度は初期段階にあり、今が集中的で合理的な投資のときだと考えられます。このチャンスを活かそうと考える企業は、それぞれの国でのニーズと制度の内容、予算、法制度、市場の期待を加味し、それらの理解を基にしたオファーを揃える必要があります。

インドネシア、ベトナム、フィリピンでのヘルスケア業界でのビジネス機会に関するペーパーは、3カ国に関連する背景、現在の加入数、私立病院のパートナーシップ、予算問題、総合的な構造、問題点などが含まれています。ASEAN市場でのビジネス展開を考える医療関連企業の皆様に成功の手がかりとなる情報をお届けいたします。

この調査のレポート(英語のみ)は、こちらからダウンロードしていただけます。