2017年:大きな期待かひどい苦境か

新しい年に対して楽観していますか?イプソス・グローバルアドバイザー(Global @dvisor)では、世界25カ国の人々に2017年の見通しを伺ってみました。

2016年を振り返る

25カ国の調査対象者の半数(51%)は、「2016年は自身とその家族にとって悪い年だった」という意見に賛同した。悪い年と回答した対象者が多かったのは、ブラジル(67%)、南アフリカ(63%)、トルコ(61%)、チリ(61%)、アルゼンチン(59%)、イタリア(57%)。一方、少なかったのは中国(35%)、日本(38%)、スウェーデン(38%)、英国(43%)、コロンビア(44%)、ポーランド(44%)、ペルー(45%)であった。

2017年には楽観的

対象の25カ国では2017年は昨年よりも良い年になる、と楽観視しているようだ。最も楽観的でないのは、フランス(52%)と日本(54%)であった。

将来の経済的見通し

経済的観点では、25カ国の対象者のうち約半数(54%)が2017年は昨年よりもより強い経済が見込めると考えている。ヨーロッパの人々は悲観的な傾向で、「経済は強くなる」という意見に賛同したのはフランスでは28%、ベルギーでは32%にとどまった。一方インドでは85%、中国では82%が「経済は強くなる」という意見に賛同しており、自国の経済の成長に大きな期待を持っている。

2017年の希望

  • 2017年、世界の人々の多く(41%)は、自身の経済状況を向上させたいと考えている
  • 5人に1人(20%)は、今年、健康を増進したいと考えている
  • 25カ国の対象者の18%は、今年、より多くの時間を友人や家族と過ごしたいと考えている
  • 2017年、海外旅行をしたいと考えているのは14%のみである

調査概要

調査時期
2016年11月25日~12月9日
調査対象者
18~64歳男女(アメリカ/カナダのみ16歳~64歳男女)
調査対象国
25カ国(アルゼンチン、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、チリ、中国、コロンビア、フランス、イギリス、ドイツ、ハンガリー、インド、イタリア、日本、メキシコ、ペルー、ポーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スペイン、スウェーデン、トルコ、アメリカ)
サンプルサイズ
18,062人(各国1000人/アルゼンチン、ベルギー、チリ、コロンビア、ハンガリー、インド、メキシコ、ペルー、ポーランド、ロシア、南アフリカ、韓国、スウェーデン、トルコでは各国500人)
調査方法
イプソスオンラインパネルを利用したオンライン調査

この調査のレポート(英語のみ)は、こちらからダウンロードしていただけます。